アスロング

アスロングシャンプーの効果を最大限に引き出す効果的な使い方

私がここまで効果を出したアスロングの効果を最大限に引き出すときに意識したことを話したいと思います。

 

いくら効果が高いシャンプーやトリートメントを使用してもきちんとした使い方や意識するべきところを意識しなかったとすれば効果が半減してしまいもったいないです。

 

参考にしてみてください^^

 

アスロングシャンプー編

 

 

1、ブラッシングをする

 

シャンプー前にブラッシングをしていない方はかなりいます。

 

ブラッシングには

・ホコリなどの汚れや静電気を取る

 

・ヘアワックスなどのスタイリング剤の汚れ

 

・マッサージ効果で頭皮の血液の流れを良くする

 

などの効果があります。

 

ブラッシングする際の注意点は力を入れず優しくとかしてあげることです。

 

マッサージ効果を出したいと強めにしてしまうと頭皮が痛んでしまいかえって悪化してしまいます。

 

力加減を注意して優しくとかしてください^^

 

 

2、予洗いをする

 

頭を軽く濡らしてすぐにシャンプーをしていませんか?

 

実は予洗いはすごく重要なことなんです。
お湯だけの予洗いだけでも全体の8割の汚れは落とせてしまうと言います。

 

大体の予洗いは1〜2分すれば大丈夫です。
髪の長さやスタイリング剤に合わせて時間の長さを決めていきましょう。

 

3、アスロングシャンプーを泡立てる

 

アスロングシャンプーを手に取り髪で泡立ててから〜ってちょっと待ってください!!
シャンプーは髪で泡立てるのではなく手で泡立ててから使うのが基本です。

 

こうすることで髪で泡立てる摩擦を軽減することができます^^

 

4、マッサージをする

 

頭皮を洗髪する前に泡で髪全体を包み込んで摩擦によるダメージをできる限り軽減させます。
そして洗う際に指の腹を使って頭皮の下側から頭頂部に向けて、マッサージをしながら洗っていきましょう。

 

こうすることで血行を良くしながらも、アスロングの成分を頭皮に染み渡らせることができます。

 

5、すすぎ

 

すすぎが不十分ですと髪に汚れやシャンプーの泡が残ったままになってしまいダメージの原因になります。

 

髪の長さにもよりますが最低でも2分以上はしっかりすすぎを行うことが大事になってきます。

 

アスロングトリートメント編

 

 

1、トリートメント前のタオルドライ

 

洗った後に手で水を切った後にトリートメントを使用していませんか?

 

正しく効果を引き出すためにはタオルドライをした後に使うことです。

 

こうすることでトリートメントが薄まることなくしっかりと髪の保湿効果を引き出すことが可能になります。

 

2、くしでとかす

 

手でトリートメントを付けるとどうしても髪にムラができてしまいます。
このような状態を防ぐためにもくしで髪をとかしていきます。

 

こうすることで髪全体にトリートメントをいきわたらせることができます。

 

3、タオルで髪を覆う

 

有効成分の浸透力を高めるためにはタオルを髪に巻くのが効果的です。
タオルは通常の状態よりも暖かいタオルの方がスチーム状態を作るのでいいです。

 

4、すすぎ

 

トリートメントのすすぎはシャンプーのすすぎよりも重要です。
しっかりと洗い流し頭皮や髪に成分が残らない状態にしましょう^^

 

5、髪を乾かす

すすぎまで終わったから完璧!ではありません。最後の髪の乾かし方も重要です。

 

まずはタオルドライでしっかりと水分を取ってください。
この時髪をこすり合わせたりするのは傷んでしまう原因になりますのでNGです。
ポンポンと抑えるようにしてください。

 

次にドライヤーを使って乾かしますが、以下に注意して乾かしてください。

・地肌からドライヤーまでは15センチ以上の距離を保つ

 

・毛先ではなくて根本、頭皮を乾かすイメージ

 

・完全に乾かすと頭皮や髪の水分も失ってしまうので9割ほど乾かす

 

この3つを守れば髪も頭皮も痛むことがなく乾かすことができます。

 

中にはこの条件が面倒くさいと自然乾燥をしている方もいますが、
自然乾燥はキューティクルがはがれやすく、雑菌も多く繁殖してしまいますので、
ダメージや匂いの原因になります。

 

 

以上がアスロングシャンプーの効果を最大限に引き出す効果的な使い方でした。
時間はかかりますが、毎日継続的に取り組むことで徐々に髪は変わっていきます。

 

是非意識して取り組んでみてください^^