アスロング

健康な髪を作るにはご飯に5色を意識する

健康な髪を作るにはご飯に5色を意識する

 

5色で献立を揃える

 

食事の色使い確認々のススメ 適切なシャンプーと頭皮ストレッチの癖をつけたあなたは、即座にその効果を認識されたかも知れません。それは文章どおり、「やったらすぐに」といったようなはず。

 

例えば、ちょっときちんとブラッシングしてあげたら、あっという間に髪はツヤを蘇らせるものと言えます。 ですが、この効果は、残念な事に維持しません。

 

ですから、シャンプー&スカルプストレッチは、「日々の習慣」にして、長い間継続していくことが重要なのですが、マッサージにしろ、ブラッシングにしろ、ここらはいわぱ、身体の外の方からの方法。

 

髪は、身体の一部ですので、身体の内部からの働きかけも、一緒に考案しいくことが不可欠です。 
本来髮は、その成分の9割がケラチンというタンパク質です。

 

ケラチンは、血の巡りに乗り届けられる栄養成分を材料に作られます。ヘアケアでは、頭皮の血の流れを健康的に保つことを重点を置くことになりますが、いくら血の流れが修繕されても、栄養補給が足りないと、健やかな髪が伸びるワケがありません。 

 

外的接触のみならず、まっとうな食生活を送ることによって内的アプローチの充実が、髪のきれいさを長くキープするコツと言えます。すなわち、バランスがしっかりした栄養補給です。 

 

では、健やかな髪にこそ好ましい食事とは実際的にどのようなものでしょうか。栄養学的見地に立った見識の深いお話は専門家に依頼した方が良いでしょうが、一般的な人から見た場合はそれが難しいので食事のカラーリングチェックをするという方法です。

 

 これは、赤・自・黄・緑・黒の5色を口安に献立をそろえると、たいてい栄養配分のとれた食事になるという考え方です。

 

5色そろえると、白然と野菜や海藻類、穀類が増して、カロリーもコレステロールも低い健康的な献立に結びついていくので、美髪だけでなく健康促進にも一石二鳥の良い結果が期待できます。 

 

健康的な食事のバロメーターとなる5色は、。陰陽五行”を基礎とする東洋の昔から変わらない世界観にもつながる、世界を生成し、循環する色です。

 

5色の色付けによる健康的な献立を、積極的にトライしてみてください。