アスロング

私たちが一般に思っているヘアケア方法は間違い?

大勢が間違えた。常識々に惑わされ適切でないヘアケアをやり続けてしまっています サロンでの施術や、セミナーでのデモンストレーション時にも、ヘアケアの。

 

鉄板゛としてよく良く知られていることの真偽について、疑問を持っている人が数多くいました。「白髪は抜けばいいよね?」「シャンプーのやり過ぎは、か

 

髪に悪影響を及ぼすんですよね?」「髪は高温に駄目ですから、自然での乾燥が一番なのよね?」 ……といったもの。 当たり前ですが、以前からよく言われていることには、現在も。先駆者の知能‘として大切にされるべき経験則はよくあるものです。

 

でも、技術の向上毎にご時世に合わなくなった知恵もあれば、一部には、都市伝説、みたいにマユツバなものや、明らかな誤認も存在します。 

 

難しいことに、美容や理容の職業にチャレンジするエキスパートの中においても、間違えた常識的な考え方に幻惑されている人がことのほか多くいるのです。 

 

日本の理容師・美容師には資格制度がありますので、この国のエキスパートたちは、どんな人でも一応、スタイリングだけに限らず、髪のシステムについても効率的に学んだ体験を持ち合わせています。

 

ですが、他の国には、理美容に関した資格制度が見えない国もあって、それらの国のスタイリングのプロは、徒弟

 

的に身に付けた方法で勤務し、ヘアケアに関したする専門知識を身につける機会を持っていないのが当たり前。また西洋では、カラーはカラーリスト、カットはスタイリストと、仕事の専門化が進行していることも、それに拍車を掛けています。

 

正直なところ、西洋のお店で研修を行った際、髪が生える原理を分からないヘアスタイリストが多く存在しているものも事実です。